つぼ単価と酵素サプリ
つぼ単価と酵素サプリ
ホーム > 看護師 > 企業に勤務する看護師

企業に勤務する看護師

産業看護師とは、企業に勤務する看護師です。看護師といわれると病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室などを設けている会社もあって、そこでシゴトをしている人もいます。シゴトの中身や役割ははたらく会社によって異なりますが、社員達の健康を維持し、管理することは基本的なシゴトと考えて頂戴。



看護師の勤務状態は、異業種と比較して結構特殊な上に、職場によっても変わってきます。


体制は一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているという病院が大半です。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。

ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制を望む看護師も多いです。



修学旅行やツアーなどに供に行き、いざというときの病院の手配などをおこなう看護師もいるのです。結婚していて、子供がいたりする人は週末に休めたり、夜勤をしなくてもいい職場を望んでいます。病院ではないところではたらくのであれば、そこで求められる専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用が決まりやすくなります。
世の中の高齢化が進んで、看護師は福祉施設などでもニーズが拡大してきているのです。

また、大手の会社になると医務室があり、そこにも看護師がいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を実施しております。このような時は、この会社の正社員として入社することもありえるでしょう。



当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長時間勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。

国の指針により月に8回までと定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。勤め先の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師をやめる割合が高いワケの一部かも知れません。
看護師国家試験に合格するよりも、断然、看護学校を卒業する方が困難だと思う人も少なくありません。

看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年指せてしまうようです。


それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験も合格できた人には、ぜひとも看護師のシゴトについて欲しいものですね。看護師の国家試験は、年に1度開催されます。


看護師不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後と結構高い水準を示しつづけています。

看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定のラインを超過できれば合格可能な国家試験です。


日本での看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。

でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均すると、593万円くらいになります。

公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院より高くて、福利厚生の面でも充実しています。



準看護師の場合、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。産業看護師は、そこではたらく人の健康が保てるように保健について指導したり、うつ病防止のための精神的な部分のケアもおこなうのです。

産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、ハローワークなどで見つけるのは無理かも知れません。


興味がある場合は看護師専用の転職サイトがありますから、それをご利用頂戴。転職サイトでは産業看護師の募集も数多く載っています。看護師免許を取るには、何通りかのパターンがあるでしょう。
看護師の資格を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、いきなりは受験できません。受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護を学ぶことが必要です。



高校入学時に衛生看護科に入学すると、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、最速で看護師になれるでしょう。



しかし、途中で違う進路を考えだしても進路を変えるのは簡単なことではありません。
また、最低5年で試験をうけられますが、短い準備期間のために勉強時間や実習をする時間が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。看護師の勤め先といえば、病院だと思うのが一般的でしょう。でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院だけでなくさまざまとあります。



保健所で、保健師の方と協力して、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の役目です。

また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。看護士の場合、求人はいっぱいありますが、願望と一致する条件の求人があることは少ないでしょう。


看護師の資格を持つ人で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。

できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がないところに勤めたいとほとんどの方が思っています。願望通りの病院などに転職するには、情報蒐集が重要です。看護士になりたいワケは何がきっかけで実際に看護師を目指すことになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。
転職の場合の志望動機はこれまでに経験したことをいかしたいもっと誰かの役にたつスキルを身につけたいなど、前向きなイメージをもたせられるものにします。
これまでの職場に対するマイナスのことは言わないようにして頂戴。看護師の転職を成功指せるには、未来のことを考え、早めに行動を起こすことが大事です。それから、どんな点が大事なのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。



将来の自分をはっきり想像して、その願望に合った転職先の情報をちょっとずつ蒐集して頂戴。

年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件もリストアップしておきましょう。


参考サイト→看護師が今すぐ転職する方法